記事一覧

ハバネロが育った

畑のはじっこの方にハバネロを植えていたのですが、ようやく実が赤くなりました。たわむれに、実を指でちぎってみると、指先がじんじんと痛くなる始末。「これは食べ物ではない。凶器だ。」と感じ入ったる次第にございます。話は変わりますが、よく怖い話で、「人が入ってはいけない山」などという話があります。おそらく、これは「山に入らせないために流布した作り話」に尾ひれがついたものではないか、と思います。山の落ち葉や...

続きを読む

関東家系考

平安末期くらいの関東の武士の家系を調べると、ある時期から源氏平氏藤原氏だらけになるんですよね。これは墾田永年私財法以降、地方豪族が私的財産をたくさん蓄えまして、自分の家の正当性を高めたいと思ったときに、地方に赴任した国司階級(中央では身分はあまり高くないですが、田舎だとめちゃくちゃ貴人)の男を婿に入れるということをしていたためです。そこから、下って、鎌倉~室町時代になると、合戦で勝った家が負けた家...

続きを読む

いつ死んじゃってもいいんじゃない?

お久しぶりです。生存しておりました。ところで、社会人としてしばらく過ごしまして、また、私生活でも、いろいろ経験させていただきましたところでありまして、まあ、いつ死んじゃってもいいかなあという気持ちであります。誤解の無いように申し上げますが、積極的に死にたい自殺志願者でもなく、別に、人にかまってもらいたいわけでもありません。正直、皆、うすうす、そう思ってません?子供を育てなきゃいけない人以外は。でも...

続きを読む

大自然に還る喪男

900坪もある我が家の耕作放棄地(元は畑)に、人の背丈ほどもある名前も知らない雑草が生い茂っていました。山刀と鍬である程度伐採し、トラクターをかけて土を混ぜ返してやることによって、無事、雑草退治に成功しました。なお、鍬をふるっている時に、「ケーン。ケーン。」という鳴き声が聞こえたので、あたりを見回してみると、オスのキジがトットットっと走っていきました。どれだけ田舎なんだ。さらに、近くの森の中に生え...

続きを読む

みなさん非モテとかそれどころではないご様子ですね。

モテない人生が嫌だとかいう話、一昔前はずいぶん流行ってたんですが、もはや話題にすらならなくなりましたね。私も正直、かなりどうでもいい。子供は元々要らないと思ってますし、どっちかというと、生活が苦しいとか、そっち系の悩みが多いのではないかなと思われます。それについては同感ですが、かといって嘆いても生活が良くなるわけでもありませんし。諦めて畑でも耕しましょうよ。あと般若心経でも読みましょうよ。全てはク...

続きを読む

プロフィール

喪面大僧正

Author:喪面大僧正
大卒後、地方で就職。一介の喪男。
歴史学研究会会員。

文学部出身らしく、学生時代に名著と呼ばれる小説をほぼ読みあさりました。
さらに、文系の学問は分野を問わず、ほぼ手をつけました。
就職してからは仕事のかたわら、聖人を目指し、儒学の「四書」、各種仏典、新旧約聖書、コーラン等の聖典を読みふけりましたが、内容はもう覚えてません。

今は書を捨てて、農耕を趣味としております。ちなみに、メンタルはイカれてます。